Evernote Scannable

カメラで撮影するだけで書類をデータ化する

Evernote Scannableは、iPhoneやiPadで使えるアプリです。
デバイスのカメラで撮影すれば、それだけで書類がデータ化できるという、かなり便利なアプリなのです。
カメラで撮影した後、取り込み範囲を手直しする必要がなく、高い精度で書類データの保存が可能です。
撮影して取り込んだデータはEvernoteにも保存でき、データ管理の煩わしさからも解放されます。
また、名刺を撮影してデータとして取り込むと、電話番号やメールアドレスなどを連絡先へ登録できるような状態にしてくれる、というのも大きな魅力と言えます。

Evernote Scannableの特徴

書類をカメラで撮影するだけでデータ化してくれるというアプリ自体は、他にもたくさんあります。
しかし、それらの多くが撮影後に自分で見やすいように加工したり、テキストデータとして作成し直したり、といったちょっと面倒な作業を必要としています。
Evernote Scannableなら、そういった手間がかかりません。
カメラで撮影した書類のデータ化をする時、自動で四隅の選択をかなり正確に自動でやってくれるので、ほとんど修正する必要もなく、高精度なスキャナーとして使えます。

しかも、名刺は撮影して取り込んだらその瞬間にテキストのデータとして変換してくれます。
いちいち人が手打ちで入力していると、正しく入力しているつもりでも入力ミスしていることがあります。
Evernote Scannableなら、そういった心配も不要になります。
これまで良いスキャナーアプリに出会えていなかった、不満がある、という人には是非1度試してみて欲しいアプリだと言えます。

AndroidでEvernote Scannableを使うには?

非常に便利なEvernote Scannableですが、Androidには対応していません。
では、Androidでは使えないのかというと、そういう訳でもありません。
Evernote Scannableそれ自体が使える、ということではないのですが、Evernote for Androidの最新版で同じような機能が追加されているのです。
Androidユーザーからの要望が多かったため、こういった対応をしたようです。
それだけ、Evernote Scannableの知名度や人気が高いということでしょう。

You can leave a response,or trackback from your own site.

Comments are closed.