Microsoft Excel

いつでもどこでもオフィスにいる感覚

Microsoft Excelは、言わずと知れたMicrosoftのExcelを編集、閲覧できるアプリです。
使用できるのは、Android・iPad・iPhoneです。
パソコンとほとんど変わらない機能を持っており、ピボットテーブルや条件付き書式なども作成できます。
また、数式の入力がしやすいようにデザインしたキーボード機能もあるので、スマホでは入力を面倒に感じやすい関数も、比較的楽に入力できます。
Microsoftの公式アプリですから、グラフや表のレイアウトをきちんと整えるだけでなく、本格的に解析することも可能です。

もちろん、グラフのレイアウトがずれるようなこともありませんし、スマホ・パソコン間の相性もかなり良くなっています。
他の表計算アプリではなかなか見られないような機能が豊富に備わっているのは、さすがMicrosoft公式アプリといったところではないでしょうか。

Microsoft Excelの特徴

このアプリの特徴として、まず挙げたいのがその操作性です。
パソコンに負けないような操作性の良さを実現しています。
グラフ作成はアイコンをタップするだけで可能ですし、何よりも注目したいのがキーボードのデザインです。
数式の入力がしやすいよう、テンキーに近いデザインになっているのです。
こういった、ユーザーの使い勝手を考えた工夫が随所に見られ、普段からExcelを使って仕事をしている人ならば、何の問題もなく活用することができるはずです。

使用できるファイル形式には、xlsやxlsxなどがあります。
セル範囲を選択し、一括で数値を集計したり、数式を入力したり、グラフを作成することも可能です。
ドラッグ操作での行と列をまとめての移動もでき、スマホでデータを編集するのが容易になりました。
Google Drive、DropBoxやOneDriveといったクラウドストレージにも対応しています。

Microsoft公式アプリというだけあって、グラフを作成した時のレイアウトとずれる、ということもありません。
抜群の互換性を持っていると言えます。
いつでもどこでも、自分の周りをオフィスに変えられるアプリなのです。

Android版のMicrosoft Excelについて

Android向けには、元々Microsoft Office Mobileというアプリの提供がありました。
このアプリでは、ExcelだけでなくWordやPowerPointのファイルを閲覧、編集できたのですが、図形や文書のレイアウトが崩れてしまったり、編集できるのはテキストだけに限られていたりと、制約も課題も多かったのです。
ですが、iPhoneやiPadのようなiOS端末、Androidのタブレット端末向けにはパソコン版のOfficeソフトにかなり近い新しいアプリが2014年の11月に登場していました。
ところが、それからもAndroidのスマホではMicrosoft Office Mobileしかない状態が続き、ユーザによってはOfficeで作られたデータはモバイル環境で活用しづらい、という状況でした。

ようやく、Androidスマホでも他の端末と同じようにOfficeアプリが快適に使える様になったのは、Androidタブレット向けだったOfficeアプリの新バージョンでスマホにも対応したからなのです。
その際、タブレットと比べて小さなスマホの画面、縦画面でも使いやすいような変更も行われています。

You can leave a response,or trackback from your own site.

Comments are closed.