アデランス

カウンセリングが重要

アデランスは髪の悩みのある人のその悩みを解決する場所であり、アデランスに行くとまずはお店の人とカウンセリングを行います。
カウンセリングルームはプライベートに配慮した個室となり、カウンセラーとマンツーマンでカウンセリングを行います。

特にこのカウンセリングで如何にして顧客の立場になってアドバイスが出来るかが重要であり、そのために細かい説明をする必要があるのです。
商品を提示したり、実際に髪の毛がどのようになるのかをわかりやすく説明します。
そこで説明では紙の資料を沢山使い説明しますが、紙媒体だと説明できる範囲に限りがあります。

どうしても予め用意してある資料で説明することとなりますので、資料以外の範囲の説明は出来ません。
また紙の資料だと多くの情報を提示しようとすると、多くの紙の資料が必要となり、資料が多くなり煩雑になります。
そこでそのような問題を解決するために、アデランスで導入したのがタブレットです。

きめ細かに説明

まずきめ細かなサービスを提供するために、カウンセラー100名にタブレットを配布しました。
実際に導入するメリットとしては、より柔軟にコミュニケーションが出来、いつでも最新資料を提示できます。
タブレット内に資料を入れておけば、いつでもタブレットをタップすれば最新資料が出せます。
資料の更新も簡単です。
新しい資料が出来れば、それをタブレットに入れておけばすぐに最新の資料になります。

またタブレットなら髪の媒体のようにいくつも持つ必要がなく、タブレットを顧客に見せれば良いので、スペースもさほど使いません。
資料を作る場合も、状況に応じて作成が出来、もしも状況が変化しても変更も容易に出来ます。

タブレットは顧客にも活用しています。
頭皮チェックでは最新の専用機器で頭皮を撮し、それをタブレットに写します。
タブレットに写しますので、顧客がタブレットを持ちながら頭皮の状態を確認できます。
専用機器で写した状態をすぐにタブレットに反映させて、リアルタイムで頭皮の状態が確認できるのです。
タブレットで頭皮の状態を確認してから、カウンセリングすればよりわかりやすく髪の悩みにもアドバイスが出来ます。

このようにしてタブレットは顧客とのコミュニケーションに大いに役立つスマートデバイスとなってますが、アデランスでは今後は他部門へもタブレットを導入する予定です。
それにより社内の情報共有や社内ポータルの利用など、さらなる活用を考えています。
タブレットのようなスマートデバイスは、導入するにも大がかりなサーバーなども必要なく、タブレットを社内に入れればすぐに活用でき、導入コストも抑えられるので導入しやすいのです。

You can leave a response,or trackback from your own site.

Comments are closed.