三菱東京UFJ銀行

お客さまに最適な提案

銀行業務としては、お客さまの資産を預かったり、入金や出金などの処理を行うということ以外に、お客さまに併せた最適な資産プランを提供するということもあります。
銀行にくるお客さまは、自分の資産をどのように運用すべきかと相談にもきますので、そのアドバイスもします。
また行員が直接お客さま宅に伺ってアドバイスする場合もあります。

そのアドバイスで使用する資料としては、紙媒体の資料がメインでした。
しかし紙媒体の資料だと、予め用意している資料のみしか使えず、しかも資料の内容を充実させようとすると、莫大な量の資料を用意しなければなりません。
それぞれのお客さまのケースに対応できるように、資料の内容も豊富に用意します。

これは銀行で業務する行員にとっては、資料をお客さまに提示する場合は、沢山の紙媒体を持っていき、とても煩雑になってしまいます。
また紙媒体だと、予め用意しておいた資料しか使えないので、お客さまが資料にないことを相談したら、新たな資料を持ってくるか、なければ後日用意しておくということになります。
紙媒体の資料は馴染みやすいという利点はありますが、柔軟性に欠けているという欠点がありました。

タブレットを活用

そこで三菱東京UFJ銀行では、外訪担当者のおよそ3,000名にタブレットを配布しました。
これに自社専用アプリや各種電子カタログや資料を取揃え、ライフプランから相続税、投資信託などのアドバイスを、タブレットの画面を使って提案するのです。
もしも予想外の質問でも、すぐにタブレット内から資料を探して提示できます。

このようにタブレットを活用することで、お客さまのそれぞれのニーズに応え、一歩踏み込んだ提案を行っています。
また、事前の資料の準備時間も短縮され、お客さまと話す時間が増え、高い評価を得ています。
今ではタブレットは欠かせないツールとなっています。
これからは更に、社内システムとタブレットを連携させて、サービスの向上と業務効率化を図っていく予定です。

タブレット導入にあたっては、ウイルススキャンやウイルスチェックなどのシステムを取り入れることで、安全に端末を利用できるようになっています。
そしてタブレットを導入し、紙媒体の利用を少なくすることで、使用する紙資源の削減にも繋がっています。

タブレットは多くの数を一気に導入するには、それなりの費用が必要となりますが、導入後は紙を使用せずに済みますので、長い目で見れば、企業にとっては大きなコスト削減にも繋がります。
クラウドなどのシステムを使えば、わざわざ社内にサーバー用意する必要もなく、最小限のコストでスマートデバイスを導入することが可能です。

You can leave a response,or trackback from your own site.

Comments are closed.