Archive

Archive for the ‘ビジネスシーンで役立つアプリ’ Category

Eight

名刺データの面倒な入力をしてくれる

EightはAndroid・iPad・iPhoneで使える名刺管理用アプリです。
無料なのに、スマホのカメラで撮影した名刺のデータを手作業で入力し、データ化してくれるのです。
自動だと判別しづらいような文字でもデータ化してくれますし、名刺の写真を撮れば良いだけなので、誰でも簡単に使えます。
スマホだけでなく、パソコンでも使えます。

Eightを使って名刺の写真を撮ると、運営会社に所属しているオペレーターが手作業入力してくれるので、自分でやることはただカメラで撮影することだけです。
入力はもちろん正確かつ使いやすいようにしてくれますし、大量に名刺があってもデータ化してくれるので、非常に便利です。

Eightの特徴と使い方

他の名刺アプリに多いのは、OCRという光学式文字読み取り装置で情報を読み取るというものなのですが、Eightはオペレーターが自身の目で1枚ずつきちんとチェックしながら入力してくれます。
一般的に、OCRよりも人が確認しながら入力した方が正確であり、読み取りのミスを修正する手間が軽減できます。
オペレーターによる入力をしてくれているのに、無料で使えるのがEightのすごいところではないでしょうか。
さらに、運営しているのはSansan株式会社であり、プライバシーマークの取得をしているので、個人情報が漏れる心配もありません。

他のEightの大きな特徴として、Eightを使っている人同士であれば更新情報が自動通知される、というものが挙げられます。
どういうことかというと、名刺を交換してから時間が経つと、その時の名刺に記載されていた情報が古くなってしまう、ということがあります。
こういった場合に、お互いがEightを使っていれば相手の名刺の情報が変わった、ということを通知してくれるのです。
移転、異動や転勤が多いという人でも、この機能を活用するとビジネスチャンスを逃してしまう、という可能性が低くなるでしょう。

この他、名刺の情報とメール・電話が直結しているのも特徴の1つです。
Eightでは名刺からワンタッチでのメール、電話、地図の利用が可能なのです。
Facebookと併用しているユーザーとの名刺交換も可能ですし、Eightはユーザーが増えれば増えるほど活用パターンが増えますし、便利になっていきます。
もちろんパソコンでも使えますし、顧客の情報を管理するための時間や費用も削減できます。

なお、名刺を撮影する時にはガイドの枠線が表示されるので、これに合わせて撮影します。
撮影さえしてしまえば、後は全てオペレーターがやってくれます。