基幹システム連携

スマートフォンとの連携

基幹業務とスマートフォンを連携させれば、新しい価値をビジネスに見出すことができます。

たとえば、どのようなことが可能になるのかといえば、マネジメントレポートとして、外出先でも経営者たちに向けて、または管理をしている人に向けてのそれぞれ個人のレポートがリアルに遅れますし、インタラクティブなチェックも可能なので、スピーディーに経営の意思判断ができるのでビジネスチャンスを逃しません。

そして申請やワークフローにも役立ちます。
たとえば各種申請や承認が必要な場合、日報やタイムシートを提出するのにも、スマートフォンを使って可能になり、これまで決まった作業時間をなくすこと、減らすことにつながりますし、承認をする側もそのリードタイムを減らすことにつながります。

接客業にも、基幹システム、ソーシャルネットワークと連携することによって、さまざまなコンテンツがモバイルの中で可能になり、消費者に向けて説得力がある接客ができるようになります。
コンテンツをつくり、そのコンテンツを消費者に開けたものとして紹介することができるのもメリットです。

また社外で販売活動を行ったり、サービスを行ったり、市場活動を行う場合でも、基幹システムと連動させたコンテンツをネット上に出すことによってかなり説得力のある効率的な業務が実現可能なのです。

接客しつつその場で在庫を確認することができますし、受注入力も可能で売れ筋などを聞かれた場合も、その売れ筋を確認して紹介することができるようになります。

そして顧客を知ることも可能になります。
どのようにすることが可能になるのかといえば、店の中での顧客銅線を記録したり、端末閲覧履歴を登録することができるのです。
そしてあなただけのお勧めの商品を、これまでの購入実績を見たりして提供することができるので、ピンポイントで接客することができて顧客を逃しません。

ビジネスチャンスにつなげるために

スマートフォンを生かして、基幹システムと連携をとるということは、目の前にある問題をすぐに解決することにもつながりますし、目の前にあるビジネスをそのまま売り上げにつなげることにもなるのです。

これまでだと時間を要していたことも、時間をかけずに対応することができるようになり、目の前で起きていることを現場で対処することができますし、その報告を社内にいるほかの社員、経営陣も一緒に共有することができるというメリットがあるのです。

社が一丸となってひとつのことを共有できるメリットがあります。

Comments are closed.