メリット

スマートフォンがビジネスに活用されるシーンは今増えています。

これまでは営業担当者は携帯電話を使っていましたがどんどんスマートフォンへ移行しています。
携帯電話はメールといった音声での通話以外のコミュニケーションの手段として便利に使えるので必要不可欠な道具となりました。
その機能を使ってビジネスに活用させる動きは、実はスマートフォンが登場する前からすでにあったものです。

営業担当者はなかなか社内にとどまらず外出をしていることが多いでしょう。
メールを会社のアドレスではなく、携帯電話のメールアドレスに送ったり、グループウェア、SFAを携帯で使うシステムを導入している会社は多くありました。

こうした携帯電話をビジネスに活かすという中で、これまでの携帯電話をやめてスマートフォンに変えて、
メールをもっと便利に、グループウェアをすること、社内システムと連携をするということはとても自然な時代の流れともいえるのではないでしょうか。
スマートフォンはフューチャーフォンにはない機能も性能も多くあります。
業務の効率化を目的にすることはもちろんですが、場合によっては業務を拡大させることにもつながります。

スマートフォンといえば基本のソフトはオペレーションシステムが搭載されているので、計帯電話であり、そしてOSが搭載していることからパソコンとしての機能も果たしています。
OSが入っていれば色々なアプリケーション、プログラムを使うこともできて、処理能力もパソコンと同じくらいあります。
またパソコン用のウェブのサイトもそのままの状態で見ることができるといったメリットもあります。
まるでミニノートと同じようにあの小さなスマートデバイスが働いてくれるのです。

スマートフォンの大半がタッチパネルですので、使ったことがない人でも直感で操作をすることができるので、誰にでも浸透しやすいというメリットもあります。
そして何よりノートパソコンと比較すると圧倒的に携帯するのに向いているという点でメリットは大きいでしょう。
ノートパソコンなどと同じ機能があるのに通話もできるということでこれをビジネスに活かさないのはもったいないです。

そして情報がほしいと思ってからパソコンだと立ち上げて検索をするのに大変時間がかかりますが、
スマートフォンなら電源は常に入っているので、ロックを解除すればすぐに情報を手に入れることができるのでそのスピードは他のスマートデバイスにはかなわないでしょう。

Comments are closed.