従来の課題

これまでの法人営業にはどのような課題・問題点があったのか

mondaiそれを理解して把握しておかなくてはスマートデバイスを導入するメリットなどが明確にならないと思います。
これまでの法人営業の課題や問題点は業種業態に関係なく、どんな営業担当という職種でも共通していることがあるのです。

営業時間が少ないこと、計画や手段、行動が目標達成に伴わない、沈黙がクライアントの前で出ることが怖いので、
喋らなくてもいいことを喋ってしまうという習慣、これが営業担当者の課題であり問題点として問題視されています。

営業会議で後どれくらい売り上げが上がると目標が達成するのかと聞かれて答えられる営業担当者は確実に目標を達成させることができるのです。
しかし、これが答えられない営業担当者は目標は達成させられないでしょう。
目標と今の時点での数字との差、これを追いかけていなければ全体を把握できないのです。
これを埋めるためには、売り上げ構成は明確にしておくべきです。

後いくら足りないのか、それを意識して、売り上げの構成式でやらなければいけないことをはっきりさせて、それを把握しておく必要があります。

これらを解決していくために役立つ情報を別途紹介していきます。

Comments are closed.