Webを活かしたマーケティング

ウェブを活かしたマーケティングでは、ページを見る順、クリックするコンテンツ、検索ワードを調べて営業に活かします

ウェブを活かしてマーケティングをしたいと思っている人も今はとても増えています。
その際に重要となるのはお客様がどのような行動をサイト上で取っているのかということ。

それを知らなければせっかくのウェブもマーケティングには活かすことができないのです。
では何を知ればいいのかというと、まずお客様はどのページから見ているのでしょうか。
ページを見る順番を知ることによってわかることがあります。
何をお客様が求めているのか、どんな情報を知りたいと思っているのか、何がほしいと思っているのかなど。
そしてそのウェブサイト内でクリックするコンテンツが何なのか、それを知ることで何を見たのかを知ることができます。
またお客様が何を今求めているのかを知るためには検索ワードを調べることができればそれが営業につながります。

ウェブマーケティングはこうしたお客様がウェブ上で取った行動を把握することが大事です。
企業のウェブマーケティングがなぜ成功しないのか、それに悩みを抱えている会社も多いのですが、理由は会社によっても違います。

たとえばウェブマーケティングの運営チームが不完全であることにあります。
配置をする人材をしっかり検討して社内のウェブマーケティング責任者やリーダーを立てる、社内でのチームメンバーと外部のチームメンバーから構成させて完全なチームを作ります。
数値の目標を立てたり設定、管理をすることが不十分である可能性もありますので、トラフィックとしてそのウェブサイトにどれくらい訪問しているのか、ユーザー数やページレビューを調べます。
そしてコンバーション数とコンバーション率も考えます。
ソーシャルメディアを経由してくる人も今は多いですし、検索サイトを経由してくる人も多いです。
どのようにしてそのウェブサイトにたどり着いたのかということをしっかりと把握して理解することがウェブマーケティングでは重要です。

最新のWEBマーケティングが一目で分かるインフォグラフィック5選(http://bazubu.com/5infograpics-1053.html)でマーケティングを理解していくのもいいでしょう。

そしてやるべき業務を明確にして何をやればいいのかということを理解しなければいけません。
たとえばウェブマーケティングを活かすならブログ、SNSのメディアのコンテンツを作り更新する、コンバージョンに基づいてウェブサイトを改善させる、キャンペーンを実施する、メール、SNSメディアによってコミュニケーションをとって顧客との接点を見つける、商品やサービスに対しての改善のためのフィードバックが必要です。

場合によってはキャンペーンを実施することもマーケティングを活かすことに大きく貢献できるかもしれません。

Comments are closed.