セキュリティに関して

業務使用でのPC・携帯電話問題

スマートデバイスを本格的に業務使用しようと考えるとき、一番の障壁となるのがセキュリティです。

ノートパソコンや携帯電話でも同じような問題はしばしば言われてきたことですが、スマートデバイスの場合パソコンと同等と言っても良いほどの情報量と、携帯電話のような持ち運びの簡便さがあるため、取り扱いについてはより一層慎重になる必要があります。

これまでは業務用のPCや携帯電話を使用する場合、そのほとんどは会社所有として購入したものを個人に支給するという方法が主にとられてきました。

そのため仕事でPCや携帯電話を頻繁に使用をする人は、プライベート用と会社用の二台持ちが当たり前となっていました。

ですがそうした私物と会社のものを複数持つとなると、使い分けが難しくなったりどちらに何のデータを入れたかがわからなくなってしまったりといった問題がしばしば起きてしまっていました。

進みつつあるBYODの導入

さらに言うと、会社所有として支給される機器の場合には新しい機種が出ても本人の意志でそちらに買い替えをすることができなかったり、機能面やデザインに不満があっても与えられたものはそのまま使わなくてはいけないという問題がありました。

事情があって転職や退職をする場合にはどこまでのデータを残して返却するべきかというような問題もあり、なかなか業務使用と私物で使い分けるのは難しいということが知られてきました。

そこでここ最近の傾向として多くの企業で導入されているのが、私物として所有しているスマートデバイスを業務使用できるようにするというツールです。

「BYOD」とは「ブリング・ユア・オウン・デバイス」という意味で、そのまま自分自身で持っているデバイス機器を持ち込むという意味で使われます。

少し以前ならばBYODは企業側としては危険すぎてとても考えられないものでしたが、現在ではクラウドサービスがかなり便利に使用できる環境が整ったことにより、むしろそちらの方が利便性が大きいとして推奨をするように方針を転換する企業もでてきました。

具体的には、Googleが提供するサービスであるGmailやGoogle Calender、またGoogle Driveといったものや、他のファイルアップロードサービスやSNSといったものがあります。

こうしたサービスの多くは個人用としてもかなり利用頻度が高いので、会社用とプライベートとを別々に使用せずに一元的に扱うことでより効率よく資料やスケジュールの管理をしていくことができます。

BYODの問題点

BYODが増えてきた背景には、たとえ社用としてスマートデバイスを支給したとしても、その通信機能を使用して個人アカウントのクラウドサービスやSNSにログインするというビジネスマンが増加してきたことがあります。

オンライン上でログインをしてデータを管理するツールの場合、その内容は手元で使用する機器には依存しません。

ですので、どうせなら個人で好みのデバイスを使用し、オンラインで特定のサービスを使用させるというふうにしたほうがぐっと利便性は高くなるというわけです。

しかしながらそうしたオンラインでのクラウドサービスではしばしば情報漏洩などが管理会社側で起こっており、そこから社外秘の情報が漏洩してしまうというリスクもあります。

Comments are closed.