SFA

営業情報支援のSFAについて紹介します

スマートデバイスを導入するにあたって、是非知っておくべきことです
SFAというのは、ITを使って顧客情報、日報の管理を共有する営業支援システムのことを言います。
顧客情報だけでなく個人の日報や商談履歴などをすべて一元管理することができる営業支援システムなのです。
SFAを導入すればどのようなメリットや効果があるのか、それは営業現場で管理職が情報を一括管理しやすくなりますので、その結果業務効率はアップします。
そしてチームプレイが促進されることにもつながりますし、営業スタッフ1人1人の営業スキルもアップすることになります。

これらが実践されれば、受注率も成約率も改善されますので売り上げが上がります。
営業管理の面ではSFAを使用すればどのような変化があるのか、それは顧客管理や案件などの営業に不可欠な情報を一元管理することができるようになります。

それだけでなく、営業スタッフが1人1人どのような動きをしているのか、その活動を不透明になりがちですが、透明化させて見えるようになるメリットがあります。

具体的には名刺やエクセル、アドレス帳といった営業の現場で必要になる情報が今は別々に管理されていてわかりにくく、営業担当者だけが把握しているようなこともあるかと思われます。
そうした顧客情報や商談の履歴、その件についてのキーマンのことなど営業に関する情報はすべて一元管理ができるようになるのです。
そしてSFAで営業活動をすれば不透明な営業活動が透明化してはっきりと明確になり誰もが把握することができるようになります。

営業スタッフそれぞれのスケジュールが共有できますので、無駄な行動が無いかどうか、業務効率をアップさせることにも役立ちます。

そして案件それぞれに商談履歴がどのようになっているのか時系列で明確になります。
その担当者だけが理解できているだけでなく、ほかのスタッフも確認して把握しておくことができるようになります。

一元管理されている顧客情報をすぐに検索して活用可能になるのもポイントです。
携帯やスマートフォンなどスマートデバイスを使えば外出先からでも日報の更新や修正もできますし、上司のアドバイスなどもリアルタイムでできるようになりますので、チャンスをそれだけ逃さないですみます。

クラウド型のSFAもありますがそれを利用することによって低価格で運用できますし、
すぐにスマートデバイスさえあれば開始できるというメリットがあります。
営業での課題や問題点が解消されるのです。

Comments are closed.