効率の良いシステム連携

社内システムとの連携は必須

活用方法しだいでせっかくのタブレットの導入の効果に差が出てしまったり違いが出てしまったりしますので、ここでは効率のいいシステム連携について考えます。
まず社内のシステムと連携させることは、とても効率アップにつながります。

タブレットを導入しただけでは、思った以上に効果は上がらないでしょう。
グループウェアと連携させる、メールを見るだけならタブレットを導入しなくても既存のノートパソコンからでも可能ですし、携帯からでも可能なのです。

そうではなくて、顧客に対してプレゼンテーションを行ったり、商談にタブレットを使う、見積もりを作成する、製品を手配する、納期をチェックするなど一連の客対応のプロセスを円滑に行いたい、そのようなワークスタイルの変化を求めているのなら、今ある社内のシステムや別のアプリと連携させる必要があります。

社内システムと連携させることは、業務のスピードアップにつながりますし、顧客満足度をアップさせることにもつながりますので、タブレットを導入する効果がかなり高まります。

シーン別の活用

タブレットを活用するといっても使い方はそれぞれの会社によっても、それぞれのシーンによっても違いがあります。
そして社内のシステムがどのようなシステムなのかということによっても違いが出てくるでしょう。

どの既存システム、ほかのアプリと連携させればいいのかということや、それぞれの目的にぴったりの最適アプリケーションがどれなのか、それを見つける必要もありますし、社内のシステムとの連携を図るためには、統合IDとか認証に対してはどのように対応させるのかということも大切になります。

その他のメリット

タブレットを導入するに当たって導入から活用まで支援してくれるサービスを利用すれば、会社にとって活用可能なアプリケーションを探したりアプリケーションを開発したりすることも可能です。
それぞれの利用者にとって最適なアプリケーションシステムを使うことがタブレットの活用につながります。

社内でのタブレットの活用をさらに便利に、そして利便性が高く効率よく利用するためにはそれぞれのシーンにあわせたシステムを構築させることが大切です。
例えば、実際に導入した例としては保険会社にてタブレットを導入することで外勤支援システムが刷新され、顧客情報管理がスムーズになり、外勤活動が効率化され営業強化にもつながったという事例もありました。

また顔認証システムとの連携によってセキュリティ面も考慮しているとのことです。

Comments are closed.