タブレットを活かした営業

タブレット一つでプレゼンも可能

スマートデバイスの中でもスマートフォンよりも大きくて機能が充実しているのがタブレットです。tablets
タブレットを営業に活かせば様々なメリットが生まれてきますが、ここではタブレットを活かした営業について見ていきましょう。

例えば小さな会議室、クライアントの応接室などで、顧客数人に対して、少人数に対してプレゼンテーションをするときなどにも、タブレットならさっと取り出せます。
どこでも場所を選ばずにプレゼンをいつでもすることができるというメリットがあります。

タブレットは小さいですが機能はパソコン同様のスペックを持ちあわせている物も増えてきています。
これまではプレゼンをするとなると、準備に時間を要してしまい資料を十分に作成出来ないということもあったでしょう。

しかし、会話をしているときに、タブレットを取り出せばプレゼンをすることができるのです。

タブレットで営業はずいぶん変わることは間違いありません。
営業でどんなことが変わるのか、それは下記内容をピックアップして、別途詳しく紹介していきたいと思います。
そして、その使い方についても詳しくみていきましょう。

タブレットはノートパソコンに比べると軽量で取り出しやすいですし起動に時間もかかりません。
通信環境が無かった場合ノートパソコンだと通信カードを別途契約しなければいけなかったり、無料の無線LANがあるところでしか通信することができませんでした。

しかしタブレットは通信環境がなくても、お客様の事務所、外出先であっても使うことができるのです。
とても便利で、タブレットさえあればこれまでは営業活動をする場所は限られていましたが、営業活動を場所を選ぶこと無くできるようになります。

営業担当者の味方になるツール

アクティブに動く営業担当者にとっては強いツールとして使うことができるのです。

例えばカタログを見せることも、タブレットの中に電子カタログを入れておけばタブレット内でお客様におみせすることもできます。
動画の再生、画像の再生も可能です。

アプリを切り替えずにスムーズにタッチしてこれらの動作ができるので、お客様をお待たせしないのもいいですね。
作成をした書類を、タブレットを使ってその場で印刷させることもできます。

そしてPDFファイルにしてメールで添付して送ることなどもできます。
これまでは社内に戻ってからしかできなかった仕事もタブレットならその場でできるので、作業効率はかなりアップするのです。

Comments are closed.