マーケティング支援ツール

マーケティング支援ツールで営業の効率化

営業はどのような業種においても必要な業務ですが、ただ闇雲にあちこちに売り込みをかけていては適切な顧客を得ることはできません。

営業をしていくときにはまず自社の製品・サービスがどのような特性があるかということを踏まえたうえで、どのような企業や個人にとって魅力的なものかということを考えて営業戦略を立てていくことが重要です。

特に開発メーカーやソフトウエア販売企業などでは、市場のニーズをどうつかんでいくかという情報収集が必須となるため、ただ単に売りに行きました、だめでした、うまくいきました、という結果だけでその仕事を終わりにしていては次につなげていくことはできません。

そこで1つずつの営業内容について、詳しく内容を記録していきそこから判断できる情報を作り出していくためのマーケティング支援ツールを用いることでより便利に業務を進めていくことができます。

スマートデバイスを使用した支援ツール

スマートフォンやタブレットのようなスマートデバイスはそうした営業支援のためのツールと大変相性がよく、もともと備わっている機能をアプリケーションで使用することにより、総合的な支援ツールとしていくことができます。

マーケティング支援ツールの例としては、まずは位置情報・地図情報を使用した営業の移動に関する情報管理があります。

営業が外回りをするときには、まず外出前に一日の予定を立ててから移動を開始するものですが、そのときの移動ルートをあらかじめ位置情報で確認できるようにすれば、道順に迷うこともないですし、急な社内からの連絡にも対応しやすくなります。

またいつものルート営業の他、新規開拓のためのエリア周りをするときにも複数のスタッフ間でどこをどのようにして回ったかという情報を共有することで重複を避けたり売り込み方法を変化させたりということができます。

この地図情報を使いこなせるようになるだけでもかなり営業はやりやすくなります。

その他のマーケティング支援のための方法

スマートデバイスを使用したマーケティング支援ツールでは、その業種に応じてアレンジやカスタマイズしていくことができるということが強みになります。

例えば病院などの医療関連施設における器具を販売するMRなどの職種においては、状況に応じてどのような製品があるかという売り込みが鍵になってきます。

タブレットの場合、重くて分厚いカタログを何冊も持ち歩くことなく手軽に製品情報をプレゼンすることができます。

他にも小売店やサービス業などさまざまな営業方法に応じたツールがソフトとして販売されているので、探すときには業種別のものを選ぶのがおすすめです。

Comments are closed.