ソリューション支援ツール

ソリューション支援ツールで間接部門を管理

ソリューション支援は、その企業内での活動をより円滑に進めるために必要なことです。

元祖ソリューションとも言えるのがトヨタ自動車における「カイゼン」ですが、製品の品質向上や工程管理の円滑化はどれだけやっても完璧になるということはなく、常に状況を見ながらよりよい方法を探していかなければいけません。

ちなみに「ソリューション」とは日本語にすると「解決策・解決法」といった意味となります。

業務における「ソリューション支援」とは、言い換えるならば既存の製品やサービスについて現状として存在している問題点を具体的に挙げ、そこから解決のためにはどのような方法があるかを探していくということです。

また広い意味においては「ソリューション」とは現状の製品を市場のニーズに合わせて改良したりして、より世間的な要望や要求に合致したものへとしていくというふうにも使われます。

ソリューション支援の基本は現状把握

業務上必要なソリューションとは、まずは現状をしっかりと把握することから始まります。

現状把握をするためには、既存の製品の売上や返品・クレームなどの率を調べ、継続的に見たときに上昇傾向や下降傾向がないかということを調べていきます。

また同じ製品をつくるにしても、原価に変動はないかや平均的な納期はどれくらいかといったようなことも継続的に記録していくことで現状どのような状態に置かれているかを知ることができます。

タブレットなどのスマートデバイスなら、実際に販売を担当している営業や製品製造を担当する工場内、または従業員スタッフの勤怠管理を一元的に記録し同じ期間内で比較をしていくことができます。

複数の店舗や工場がある企業においては、それぞれの現場に機器を導入し担当者がきちんと入力をしていくということでより広いエリアから調べられます。

スマートデバイスで社内管理

ソリューション支援というとどうしても実際に売上につながる営業成績の方に目がいきがちですが、長期的によりよい製品を作っていくためにはむしろバックオフィス部門の適正化の方が重要であったりします。

社内の勤怠状況はどうかや、人事として問題はないかということも、細かく社内の様子を記録していくことで見えていきます。

ソリューション支援のための内部管理ツールは多くのソフトウエア開発企業よりリリースされているので、導入例などを見ながら自社にあった方法を探していきましょう。

Comments are closed.